障害者の働く環境は劣悪すぎる! なんとかしないと!

LINEで送る
Pocket

猫
どうも、フリーライターのだいちゃん(∀)です!

 

例えば、「障害者」の中でも「人工透析患者」に話を絞るとします。

人工透析患者さんは働くことが出来ず、または企業が採用してくれないので仕方がなく生活保護を受給している方が多いです。

他の障害者にしてもそうだと思います。

・生活保護者

・B型雇用などの作業所で雀の涙ほどの賃金しかもらえていない人

・A型雇用でも月に7万円くらいが限度なので、それだけでは生活が苦しい

そういった方々が多いのです。

そういった負の連鎖をなんとかしたい。常に私はそう考えています。

しかし私は「一個人」です。資本もなければ学歴もコネも無い。そんな人間が出来ることといえばかなり限られています。

それでも、「じゃあ自分には無理だから力のある人にやってもらおう」という考えを持ってしまうのは違うと思うのです。

せっかくWEBというものが発達し、個人でも情報が発信出来る時代になりました。だから、私は物書きとして、ブログやWEBを使ってそういう人たちのお役にどうにかして立つことが出来ないか。そう考えています。

障害者作業所の実態

私はB型雇用という、主に重度の知的障害者などが働く作業所で働いたことはありません。(当然ですよね。)ですが、友人などでそういう作業所で働いている人から話を聞くと、1日8時間はたらいても、月に1万円とかそのくらいしか貰えない、と言っていました。

あくまで作業所は雇用先ではなく、一般就労を目指す場所ですから、というのが作業所の言い分です。

ですが、そもそも多くの作業所は障害者を一般就労させる気は更々ないのです。補助金を目当てに、当たり障りのない作業を障害者にさせて、国や自治体からの補助金で運営をまかなっているところがほとんどです。

私が働いていたA型雇用という、比較的動ける障害者が働く作業所に私は勤めていましたが、仕事の内容はランサーズやクラウドワークスといったライター業界では「1円ライター」と呼ばれる仕事をさせていたのです。

ちなみにその作業所の募集欄には、「IT企業」と書かれていて、アプリ開発やホームページ開発をする為の技術を身につけてもらう、となっていました。しかし、そんなことは一切させてもらえず。というより、そういった技術を教えることが出来る人間が指導員にも社内にもいなかったのです。

私は比較的ホームページなどは、デザインは出来ないけれどコーディングなどは出来ます。だから、私にホームページ関連の仕事を押し付けられていました。

でも、作業所自体にお金がないから、全て無料で作れと。

私からしたら、デザインが出来る人間が社内にいないのに、有料テーマすら買わないのかよ! 無料で企業に納品出来るようなおホームページが作れるわけがないだろう!! という気持ちでした。

それでも、無料のテーマを使って、なんとかホームページを完成させたことがあります。今思っても、デザインがダサすぎて金を取れるレベルではないな、と思っています。

フォトショップもイラストレーターも無い状態で、無料のデザインツールを使って作れ、というのも無茶な話です。

最初は「ペイントを使って作ればいいじゃない」などと言っていましたからね。ペイントというソフトはお絵かきソフトであり、ホームページのデザインやロゴには向いていないソフトです。(画像がめちゃくちゃ荒い。)

 

そう、社長自体がITに、WEBに無知なのです。

それなのに、次は通販サイトを作るだとか、どんどん自分達の会社では出来るはずの無いレベルの案件をとってくる。当然、こなせるはずはない。

私はリーダー的な役割をさせられていたので、あとで責任を問われるのは嫌です。

そこで、私はその作業所を辞めました。

 

今は何をしているのでしょうかねその作業所は。おそらく、1記事100円とかのライティングの仕事をクラウドソーシングで取って、「私たちは障害者に仕事をさせていますよ!」と主張して、国や自治体から補助金を受け取り、そのお金で運営しているのが現状でしょう。

私はそういった「負の連鎖」と断ち切りたいのです。だから、障害者がどうやったら社会復帰が出来るか。仕事ができるか、という視点で、私自身も答えが無い状態でこういった記事を書こうと思い、書き始めたのです。

私のような個人に出来ることといえば、文章を書いて情報と伝えることしか出来ませんからね。でも、そういったところにも一種のジャーナリズムのようなものを感じています。

だからこのブログには広告を一切貼っていないので、記事を書いてもお金にはならないのですが、それでも少しづつ更新を続け、世の中の障害者さん達のお役にたてれば、と思っています。

最後に

障害者の働く環境は本当に劣悪です。

給料が安いだけではなく、企業内で障害者に対する接し方の教育が行われているところも少ないので、そこでイジメに遭い、人間関係が上手くいかず退職に追いやられ、職を転々としていたり、仕事に就けなくなって生活保護を受給している方が多いです。

そういった部分をWEBを使ってなんとか出来ないだろうか?

私は障害者はフリーランスで働くのが、健康のことを考えても、人間関係のことを考えても良いという考えの持ち主なので、フリーランサーになりたい障害者の手助けなどがWEBを使って出来れば、と思っています。

ですが、私は厳しいので、1から10まで教えてお金を稼ぐことが出来るようになる、という考えの方はバッサリと切り捨てます。

でも、障害者の為に何かしたい。そういった思いで立ち上げたのがこのWEBサイトです。(一応、私の公式WEBサイトとなっていますがブログの記事もといても多いです 笑)

この考えに共感出来る方、是非「いいね!」などで応援していただけると助かります!

大ちゃん(∀)

LINEで送る
Pocket

このWEBサイトを気に入ったらいいね! をお願いします!

2017年01月23日 | Posted in 障害者 | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です