障害者が一国一城の主になるということ

LINEで送る
Pocket

犬

どうも、フリーライターの大ちゃん(∀)です!

最近、障害者のWEBマガジン「LoveHandi」をリリースして、一国一城の主になりました。

普通、一国一城の主といえば、起業することなどを指すのですので、厳密には違うのですが、それでも一国一城の主と言ってみたいので勝手に言っています(笑)

少しづつではありますが、在籍ライターさんも増えてきました。それでもまだまだライターさんが足りていないので「こちら」から障害者ライターさんを募集しています。

この一国一城の主になったことで、今まで経験したことの無い大変さを経験しています。そういったことを書いていこうと思います。

障害者をまとめるのは大変

障害者さんは社会人経験の無い方も多いです。企業に雇用してもらいにくいですからね。だから社会人としてのマナーを知らなかったり、変にワガママな障害者が希にいます。

ライターの仕事は在宅で出来るので、社会人経験が無い、今現在、仕事の無い障害者なども集まってきます。そうすると、揉め事などが起きるのです。

揉め事は、他のライターさんに迷惑がかからないように裏で、私にふりかかるようにして対応しています。だからライターさん達には安心して執筆に専念してもらえているのですが、私自身は大変。

  • 人材集め
  • 資金繰り
  • クレーム対応
  • ライター志望の方へのアドバイス

やることが沢山あります。でも、それは仕事だし楽しんでやっているから別に良いのです。

ただ、ライターをやりたいと言っていたのに原稿を送ってこなかったり、一度ライターとして登録したのにドタキャンされたあげく、自分の記事を削除しろ!! と言ってきたりするわけです。

そういったものにも対応しなければいけない。個人でブログを書いていた時にはなかった大変さです。

でも、それも一国一城の主になったからには覚悟を決めて対応していかなければいけないですよね!

仲間がいることでモチベーションが維持出来る

在籍ライターさんはいわば「仲間」です。

今まで個人でブログ運営をしていた時には、基本的に孤独でした。独りでの作業が多いですからね。でも、今は在籍ライターさんという仲間がいます。

私のほうが上司に当たるのですが、ライターさんの中には私よりも年齢も上で社会人経験も豊富な方がいるので、逆に話を聞いてもらったりしています。本当にありがたいことです。

今まで私は個人で仕事をやっていきたいと思っていました。ライターさんをまとめたりと、

「人をまとめる」

なんて面倒なことはしたくないと思っていたからです。

ですが、私は昔から学級委員長をやったり、何かしらの代表をやらされることが多い人生でした。だから人をまとめること自体は出来ないわけではありません。というかこうなった以上はやらないといけませんから!

でも、個人でブログをやっていた頃はモチベーション維持が出来ずにブログ更新をサボることも多かったです。なかなかアイデアが浮かばないことも多く、運営に苦労していました。

今は仲間がいることでモチベーションも維持出来るし、自分が書かない時でも他のライターさんが記事を書いてくれるので独りで運営しているときよりも負担は減りました。(金銭的な負担は増えましたが。)

なんだかんだで、楽しいですね、WEBマガジン運営。

障害者をライターとして起用するというのは結構無謀なことだと言われます。マネタイズとかどうすんの? なんて痛いところを突かれます。(※マネタイズ お金をどうやったら稼げるか仕組みを作ること。)

ですが、そこも自分の中である程度の考えが固まっています。

障害者ライターにしか文章を書かせないというコンセプト自体が無謀だとも言われます。ですが、それが私の中で一番大事な部分なのです。

健常者は仕事があります。ですが、障害者は仕事をしたくても出来ない方が多いです。そういった障害者さん達の生活の足しにでもなれば、という理由から障害者のWEBマガジンを始めたのでこのコンセプトだけは変えることが出来ません。

今まで人のやったことのないことをすると、必ず誰かが何かを言ってきますよね。でも、そういう他人の、やったこともない、行動したことの無い人間の言うことって全く役に立たないんですよ。人生32年(もうすぐ33年)生きてきて、様々な人と違う経験をしてきて感じてきたことです。

人のアドバイスって本当に役に立たないんですよ。だから、自分の思った通りに、自分の道を進むほうがいい。それが私のだした決断です。

最後に

一国一城の主になれば会社に雇われなくてもいいし、自分が一番上の立場になるから嫌な上司もいない。でも、自分が嫌な上司と思われたり、そうなる可能性もあるわけです。だから気を付けないといけません。

自由がある分、リスクもあり、大変さもあります。でも、その分やりがいもあります。

私は安易に企業やフリーランスになることを勧めるのは反対派なのですが、やってみたいと思っている方は、どうせなら若いうちに挑戦したほうがいいです。若いうちなら失敗してもやり直しが効くからです。

家族を持って、守るものが出来てからだったり、年齢を重ねると失敗が許されなくなります。

挑戦するなら若いうちです!

ちなみに私は、こういった活動もしています。

障害者ライターの書く「障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン」を作りたい-CAMP FIRE

私の理念に共感してくれた方は、支援のほど宜しくお願いします!

大ちゃん(∀)(だいちゃん(∀))

 

LINEで送る
Pocket

このWEBサイトを気に入ったらいいね! をお願いします!

2017年04月15日 | Posted in 仕事 | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です